阪神ドラ5藤田が入寮 ノムさん著書持ち込み「身が引き締まる思い」

[ 2020年1月6日 12:41 ]

<阪神 新人入寮> 野村ノートを持参し、入寮した藤田 (撮影・平嶋 理子)                        
Photo By スポニチ

 阪神の新人選手らが6日、西宮市内の虎風荘への入寮をスタートした。8選手の中で最初の入寮となったドラフト5位の藤田健斗捕手(18=中京学院大中京)は「ようやく阪神タイガースでの生活がスタートするので身が引き締まる思いです」とさわやかな表情。

 高校時代は5人一部屋の寮で暮らしていたこともあり「部屋が広かったです。一人部屋でなおかつあれだけの広さを使わせていただくのでめっちゃ嬉しいです」と笑顔。

 元ヤクルトの野村克也氏の著書「野村ノート」と高校時代のバットを部屋に持ち込み、新生活をスタートさせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年1月6日のニュース