神宮大会高校の部 中京大中京が初優勝、健大高崎に逆転勝ち

[ 2019年11月20日 11:51 ]

明治神宮野球大会最終日 高校の部決勝   中京大中京4-3健大高崎 ( 2019年11月20日    神宮 )

<健大高崎・中京大中京>優勝した中京大中京・高橋源一郎監督はナインに胴上げされる(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 決勝は中京大中京(東海)が健大高崎(関東)を4―3で下し、初優勝を飾った。東海地区は来春の選抜大会の「神宮大会枠」を獲得し、同地区の枠は3となった。

 試合は中京大中京が1点を追う3回に中山、印出の連続適時打で3点を挙げて逆転、その後の健大高崎の反撃をしのいで逃げ切った。

 健大高崎は追い上げたが、初出場での優勝はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月20日のニュース