ソフトB甲斐野、地元球宴出場を熱望?「甲子園で投げたことないんですよ」

[ 2019年6月27日 18:44 ]

ソフトバンクの甲斐野
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト1位右腕、甲斐野央投手(22)が球宴出場を“熱望”した。「オールスターゲーム2019」のファン投票、選手間投票での出場選手が発表された。甲斐野はファン投票の中継投手部門で2位となる26万5479票を獲得しており、監督選抜やプラスワン投票での可能性もゼロではない。「簡単に出られないものなので。そりゃ出てみたいですけど」。第2戦は地元・兵庫の甲子園で行われることもあり、「甲子園で投げたことないんですよ…」と思いをはせた。

 あす28日からリーグ戦が再開。交流戦中に守護神・森が右広背筋、大円筋の部分損傷で抹消され、20日のヤクルト戦ではプロ初セーブをマークした。森の復帰は球宴明けの後半戦になる見込みで、残りの前半戦12試合はモイネロ、武田らと勝ちパターンを固めることが濃厚だ。「みんなでカバーしようと話をしている。どのポジションでもゼロで抑えることを考えたい」と力を込めた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月27日のニュース