中大・牧&森下 日米大学野球へ意欲「勝利に貢献を」

[ 2019年6月27日 20:33 ]

東都大学野球の表彰式会場で日米大学野球の健闘を違う牧(左)と森下の中大コンビ
Photo By スポニチ

 東都大学野球春季リーグの表彰式が27日、東京・渋谷の国学院大キャンパスで行われた。MVPなど4冠に輝いた村上頌樹(3年=東洋大)は授業のため欠席したが、首位打者を獲得した牧秀悟(3年=中大)と1年生ながらベストナインに選ばれた森下翔太(同)の2人は日米大学野球の日本代表にも選ばれた。

 森下は「まさか代表になれるとは思わなかったけど、選ばれた以上は頑張りたい。先輩の牧さんもいるので、吸収できるものは吸収したい」と意欲満々。牧も「森下と一緒に頑張って勝利に貢献したい」と笑顔。7月16日開幕(松山ほか)の一戦を楽しみにしていた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月27日のニュース