阪神が4部門でトップ、西は大瀬良に3千票差 球宴ファン投票最終中間発表

[ 2019年6月17日 15:19 ]

キャッチボールをする西勇輝(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 「マイナビオールスターゲーム2019」(7月12日・東京ドーム、13日・甲子園)のファン投票の最終中間発表が17日に行われ、セ先発投手部門では西(阪神)が20万3174票で1位をキープ。2位・大瀬良(広島)に約3千票差をつけている。球団別でも阪神が4部門で1位を占めた。両リーグ最多得票はパ一塁手部門の山川(西武)で、42万2122票を集めている。

 最終結果は24日に発表され、選手間投票は27日、監督推薦を含めた全メンバーは7月1日に決まる。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2019年6月17日のニュース