早大、継投策が裏目 2戦連続逆転負けに小宮山監督「課題が山積み」

[ 2019年4月29日 05:30 ]

東京六大学野球 第3週第2日   早大3―5明大 ( 2019年4月28日    神宮 )

<明大・早大>連敗し一礼する小宮山監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 早大は2戦連続の逆転負け。小宮山監督は初めて勝ち点を落とし「厳しい敗戦。まだ課題が山積みということ」と振り返った。

 1点リードの8回2死から3番手・柴田を投入も、内野安打の後、喜多の投前のゴロを処理できず、一、二塁として逆転3ランを浴びた。指揮官は「ミスは責めない。ただ、どれだけそこに対して準備していたか」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2019年4月29日のニュース