阪神・青柳 自身初の完封勝利!9回129球で今季2勝目

[ 2019年4月29日 17:47 ]

セ・リーグ   中日0―2阪神 ( 2019年4月29日    ナゴヤD )

<中・神>5安打完封勝利を挙げ、バンザイする青柳  (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 今季2勝目を狙って先発した阪神・青柳がプロ初完投初完封。129球の熱投で、中日打線を圧倒した。

 初回先頭の平田にいきなり四球を与えるも、1死二塁から大島、ビシエドを抑えて無失点の立ち上がり。その後はテンポ良くスコアボードに「0」を並べていった。

 最大のピンチは8回。先頭の遠藤に左前打で出塁を許すと、続く松井雅のゴロを三塁・大山が弾いて(失策)無死一、二塁のピンチを背負った。しかし、ここからが圧巻。代打・井領を一ゴロ(二塁封殺)に仕留め、続く平田を初球で三ゴロ併殺打に打ち取り、一打同点のピンチを無失点で切り抜けた。9回も走者を許したが無失点のまま投げきった。

 2試合続けての中5日。タイトなスケジュールで上がったマウンドだったが、129球の熱投で初の快挙を成し遂げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月29日のニュース