西武“我慢の4月”は勝率5割で終了 辻監督「十分」

[ 2019年4月29日 18:07 ]

パ・リーグ   西武3―5オリックス ( 2019年4月29日    京セラD )

<オ・西>4回2死一、三塁、中川に同点二塁打を浴び、ガックリとベースカバーからマウンドに戻る十亀(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 西武は終盤に競り負けて連勝が4でストップ。勝率は5割に戻った。

 この日がチームにとって平成最後の試合。辻監督は「悔しいけど、いい試合だった。向こうも必死だから」と振り返った。

 内海、榎田が不在で先発陣の台所事情が苦しく、指揮官は「我慢の時期」と位置づけていた。勝率5割で4月を終え「十分。負け越していないし。5割でしょ」と評価していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年4月29日のニュース