広島バティスタ 年俸4倍 4助っ人と契約更新

[ 2017年12月28日 05:30 ]

広島のバティスタ
Photo By スポニチ

 広島は27日、複数年契約を結ぶ4人の外国人選手との来季契約を更新したと発表した。

 6年契約の2年目で大ブレークが期待されるサビエル・バティスタ内野手(25)は今季年俸4万7000ドルから約4倍の17万5510ドル(約2000万円)プラス出来高払いでサイン。球団を通じ「目標は打率・280、35本塁打、100打点」とぶち上げた。

 3年契約の2年目となるクリス・ジョンソン投手(33)は年俸300万ドル(約3億4000万円)、2年契約の2年目となるブラッド・エルドレッド内野手(37)は同100万ドル(約1億1300万円)、6年契約の2年目となるアレハンドロ・メヒア内野手(24)は同10万ドル(約1130万円)で契約。それぞれに出来高払いがつく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月28日のニュース