イチローに適した移籍先は7球団 米メディアが分析

[ 2017年12月28日 05:30 ]

マーリンズからFAとなったイチロー
Photo By スポニチ

 CBSスポーツ電子版は26日(日本時間27日)、マーリンズからFAとなったイチローが移籍先に適している7球団を挙げた。

 古巣のマリナーズを筆頭にダイヤモンドバックス、ホワイトソックス、ロイヤルズ、エンゼルス、メッツ、ジャイアンツで、いずれも控えの外野が手薄となっている。マ軍入りすれば岩隈、ダ軍では平野、エ軍では大谷と同僚になる。

 FA市場の動きが遅く、今季打率・303、45本塁打、104打点のマルティネス(ダ軍からFA)ら目玉外野手の去就もまだ決まっていない。市場に外野手が不足しているわけではないが、「控え扱いでも年俸的には格安なのに加え、グラウンド以外でも与える影響力や価値は大きい」とイチロー獲得の意義を強調した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年12月28日のニュース