PR:

阪神 藤浪の大阪桐蔭同期左腕に熱視線 来秋ドラフト指名候補に

Honda鈴鹿の平尾
Photo By スポニチ

 来年は藤浪の同級生左腕に熱視線だ。阪神が来秋のドラフト候補としてHonda鈴鹿の大型左腕、平尾奎太投手(23)をリストアップしていることが27日、分かった。

 12年の甲子園大会で春夏連覇した大阪桐蔭では同期のエース藤浪(現阪神)の控えとして優勝を経験。同大から社会人に進んで成長を続けており、球団関係者も即戦力候補として注目している。

 「左腕で体格もあるし、球速も高校、大学時代に比べて格段に上がっている。高校時代から好素材として注目していたが、大学、社会人で大きく成長。社会人では1年目から日本代表に入って、このままでも十分、指名候補だが、さらに来年、実績を残せば、一気に上位候補になる可能性も秘めている」

 甲子園大会では背番号11でベンチ入りしたが、藤浪、沢田(現オリックス)の陰に隠れ登板機会には恵まれなかった。ただ、潜在能力は当時から高く評価されており、経験を積んで開花した。

 1メートル88の長身から投げ下ろす直球は最速140キロ台後半を計測する。社会人1年目の今季も主戦級として活躍。都市対抗では1回戦・きらやか銀行戦では救援登板し5回無安打無失点で勝利投手。2回戦・三菱日立パワーシステムズ戦では先発で9回5安打無失点と圧巻の投球を披露した。10月のBFAアジア選手権(台湾)にも侍ジャパン社会人代表の一員として、中継ぎで計3試合に登板し4回無失点5奪三振で優勝に貢献した。先発、救援ともに可能な点も大きな魅力の一つだ。

 高校2年秋に大病を患ったが、現在はプレーに支障はない。左腕不足に悩む阪神にとっては、補強ポイントに合致する実力派サウスポーだけに、今後もマークを続けていく。

 ◆平尾 奎太(ひらお・けいた)1994年(平6)6月21日生まれ、大阪府泉佐野市出身の23歳。小2から「泉佐野レッドスターズ」で野球を始め、主に投手。佐野中では軟式野球部に所属。大阪桐蔭では2年春からベンチ入りし3年時の12年に春夏連覇を経験。同大では3年春からリーグ戦に登板しリーグ通算25試合で8勝4敗、防御率1.81。4年秋にベストナイン受賞。今季からHonda鈴鹿でプレー。1メートル88、88キロ。左投げ左打ち。

[ 2017年12月28日 07:52 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月18日18時〜19時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム