メジャー屈指の抑え、メランソンがWBC不参加 球宴外野手はカナダ代表

[ 2016年12月14日 11:52 ]

マーク・メランソン投手 (AP)

 メジャー屈指のクローザーとして活躍するマーク・メランソン投手(31)が来年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に参加しない意向を明かした。FOXスポーツのジョン・モロシ記者が13日に自身のツイッターでレポートした。

 通算168セーブをマークしているメランソンは今オフにジャイアンツと4年総額6200万ドル(約71億4200万円)の大型契約に合意。モロシ記者のレポートによると、本人は新天地での春季キャンプにすべての時間を費やしたい希望があるそうだ。

 同記者はまた、マイケル・ソーンダース外野手(30)がカナダ代表としてWBCへ参加するとレポートした。今季はブルージェイズに所属。140試合に出場して打率2割5分3厘、24本塁打、57打点の活躍で、オールスター戦にも最終投票で初選出された。シーズン終了後にフリーエージェントとなり、現時点では来季の所属先が決まっていない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年12月14日のニュース