ロイヤルズ 本拠の防御ネット拡張 観客の安全守れ!

[ 2016年2月19日 05:30 ]

ロイヤルズの本拠カウフマン・スタジアムでファウルボールを奪い合うファン(AP)

 ロイヤルズは今季から観客の安全対策のため、本拠地カウフマン・スタジアムの防護ネットを拡張すると発表した。

 両ベンチ上や、外野ファウルゾーン全体まで広げる。ケビン・ユーリッチ球団副社長は「いろんな選択肢を考慮した末に決断した」と説明。大リーグではファウルボールの打球や折れたバットが観客に当たるなどの事故が発生し、大リーグ機構は昨年12月にバックネット拡張などの安全策を進める指針を発表していた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月19日のニュース