西武・牧田 確認35球「やっとキャンプに参加できた感じ」

[ 2016年2月19日 05:30 ]

ブルペンで35球を投げ込んだ牧田

西武紅白戦

(2月18日 南郷)
 インフルエンザの影響で別メニュー調整だった西武・牧田が、ブルペンで捕手を立たせたまま、セットポジションやクイック投球などを確認しながら35球を投げ込んだ。

 「みんなと一緒にブルペンで投げられて楽しかったし、やっとキャンプに参加できたという感じですね」。20日からは高知・春野でのB班(2軍)で調整を進めることが決まっており「当初の予定からは遅れているので、毎日100球ぐらいは投げ込みたい」と意気込んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年2月19日のニュース