小笠原 プロ入り初のフリー打撃登板 安打性9本「30~40点」

[ 2016年2月19日 15:00 ]

 中日のドラフト1位・小笠原慎之介投手(18)が19日、沖縄春季キャンプでプロ入り後初めてフリー打撃に登板した。

 打者2人に対し、51球を投げ、安打性は9本。

 「やっと実戦に入れました。打撃投手なので、ストライクを投げることを第1に考えた。自分なりにはよかった。プロは打球の速さが違う。自己採点は、まだまだ。30~40点」としながら、笑顔だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年2月19日のニュース