張本氏 中田にも喝!グリップ下がりすぎ「もったいない」

[ 2016年2月19日 09:10 ]

大谷の右肩を揉む張本氏
Photo By スポニチ

 張本氏は侍ジャパンの主砲、日本ハム・中田にもアドバイスを送った。

 フリー打撃を見守って「打ちにいく時、グリップが下がりすぎる。タイミングを取るためだろうが、耳の高さから脇の下の位置まで下がってしまう。もったいない。修正すれば3割、40本塁打を打てる打者なんだ」。フリー打撃後に声を掛けられた中田は「安定していない点を注意してもらいました」と感謝していた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2016年2月19日のニュース