163キロ出た!メッツのルーキー右腕15球が100マイル超

[ 2015年10月12日 05:30 ]

<ドジャース・メッツ>最速163キロをマークしたシンダーガード(AP)

ナ・リーグ地区シリーズ第2戦 メッツ2―5ドジャース

(10月10日 ロサンゼルス)
 メッツは23歳の新人右腕シンダーガードがポストシーズン初登板で最速101マイル(約163キロ)をマークして強烈なインパクトを残した。

 115球中100マイル(約161キロ)超が計15球で、速球を軸に9三振を奪った。6回1/33失点で敗戦投手にこそなったが「まだシリーズはタイ」と冷静に話した。ド軍先発グリンキーも7回8奪三振の力投を演じるなど、初戦からの2試合で両軍計50三振は大リーグ記録となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月12日のニュース