慶大・谷田 ユニバ代表入りアピール弾 4三振は“反省”

[ 2015年3月19日 05:30 ]

JX―ENEOSとのオープン戦で右越えソロを放った谷田(中央)

 7月に韓国で行われる、ユニバーシアード競技大会に出場する大学日本代表の選考合宿2日目が18日、神奈川県平塚市内で行われた。31選手の代表候補チームはオープン戦を2試合行い、慶大に6―7、JX―ENEOSに7―6の1勝1敗だった。

 第2試合に出場した今秋ドラフト候補の慶大・谷田は、6回に右越えソロを放ち「真っすぐを待っていて浮いた変化球を打てた」と今季1号を振り返った。それでも、本塁打以外の5打席は凡退。4三振を喫し「課題がたくさん見つかった。改善していきたい」と引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年3月19日のニュース