その“目”が活きたか?マーリンズのスタントンがミスコン審査員

[ 2015年1月26日 14:27 ]

マーリンズのジアンカルロ・スタントン外野手 (AP)

 25日に米国フロリダ州マイアミで行われたミス・ユニバースにマーリンズのジアンカルロ・スタントン外野手(26)が審査員として参加した。

 オフに13年総額3億2500万ドル(約385億円)という驚愕の内容でマーリンズと再契約を結んだスタントン。世界80ヵ国以上の代表が参加し、ミス・ワールド、ミス・インターナショナルと合わせて世界3大ミスコンテストといわれる同大会の審査員を務めるあたりはトップ・アスリートとして認められた証といえるだろう。

 スタントン以外にもスポーツ界からはボクシングの世界チャンピオンであるマニー・パッキャオや米プロフットボール、NFLのスターレシーバーであるデショーン・ジャクソンらが審査員として名を連ねた。

 昨季はリーグ2位の94四球を選んだ“目”を持つスタントンら審査員が世界一の美女に選んだのはコロンビア代表のパウリナ・ベガさん(22)だった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年1月26日のニュース