ハム また借金生活…メンドーサ10敗目、西川外しでテコ入れも

[ 2014年8月9日 05:30 ]

<ソ・日>3回、ホークス打線につかまりマウンド上に集まるメンドーサ(左から3人目)ら日本ハムナイン

パ・リーグ 日本ハム2-7ソフトバンク

(8月8日 ヤフオクD)
 日本ハムは2度目の5連敗で、またも借金生活に入った。

 先発のメンドーサが、来日後最多となる13安打7失点。「球も制球も良かったが、うまく当てられた」という右腕は、リーグワーストの10敗目を喫した。打線は4、6回と2度の無死満塁で、わずか1得点に終わった。我慢して使い続けてきた4年目の西川を外す、てこ入れ策も実らなかった。栗山監督は「負けて悔しいが、逆に何とかしてやるという感じ」と吹っ切れた表情で話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年8月9日のニュース