×

日本ハム びっくり“セペダシフト”で無安打に封じた

[ 2014年5月27日 05:30 ]

<巨・日>6回1死、セペダの打席の時、三塁手の近藤を一、二塁間の奥に配置、三塁をがら空きにするシフトを敷いた日本ハム

交流戦 日本ハム3―4巨人

(5月26日 東京D)
 日本ハムが極端なセペダシフトを披露した。

 6回1死では、西川と大引が二遊間を狭め、三塁手・近藤が右翼の前に移動。左打席の時は右方向への打球が多いとのデータが出ており、通常、極端なシフトを敷く時は内野陣がそのままズレるが、考案者の白井内野守備コーチは「(捕手登録の)近藤が三遊間を一人で守るよりも、慣れている大引の方がいい」と説明した。セペダは3打数無安打。同コーチは「結果的にアウトになったんだから成功」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月27日のニュース