青木 右腕痛で先発外れる 自ら申し出、代走で出場

[ 2014年5月27日 05:30 ]

ア・リーグ ロイヤルズ3―4エンゼルス

(5月25日 アナハイム)
 23日の死球による右上腕の腫れで、ロイヤルズ・青木が先発を外れた。痛みの影響で右肘の可動域が狭くなっており、自ら申し出た。

 試合前に「肘を使わない代走か、バントでの代打なら」と話していたように、9回1死二塁で代走で起用された。しかしホームを踏めずに終わり、「1点差ゲームだっただけに悔しい負け方」。26日(日本時間27日)のアストロズ戦については「出るつもりだが、状態を確認して考えたい」とした。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月27日のニュース