カノがマリナーズと合意 グランダーソンはメッツと4年契約

[ 2013年12月7日 12:26 ]

 米大リーグ、ヤンキースからフリーエージェント(FA)となったロビンソン・カノ内野手(31)が岩隈の所属するマリナーズと10年総額2億4千万ドル(約247億円)の大型契約に合意した。6日、CBSスポーツ(電子版)などが伝えた。

 ドミニカ共和国出身のカノは強打が持ち味の二塁手。5年連続で打率3割、25本塁打以上を記録しており、今季は160試合で打率3割1分4厘、27本塁打、107打点だった。

 また、同じくヤンキースからFAとなったカーティス・グランダーソン外野手(32)がメッツと4年総額6千万ドル(約62億円)で合意し、レッドソックスからFAのマイク・ナポリ内野手(32)は2年総額3200万ドル(約33億円)で残留が決まったと、AP通信などが報じた。アストロズはオリオールズからFAの先発右腕スコット・フェルドマン投手(30)と3年契約を結んだと発表した。大リーグ公式サイトによると、総額3千万ドル(約31億円)。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月7日のニュース