高知・和田恋 ダメ押し打!プロ注目スラッガー試合決めた

[ 2013年3月26日 06:00 ]

<関西・高知>8回2死満塁、股川の右前打で生還した関西の和田恋(右)と和田誉はハイタッチをかわす

第85回センバツ高校野球大会第4日2回戦 高知5―1関西

(3月25日 甲子園)
 高知のプロ注目のスラッガー・和田恋が試合を決めた。

 1点リードの8回2死一、三塁から左前打を放ち2点目。この一打をきっかけにこの後3点を加え、関西を突き放した。「チャンスになれば力が入る。リラックスしてためて打てました」。名前の「恋(れん)」は「皆から好かれるように」という願いからつけられたという。高校通算31本塁打の大砲は「チャンスで打つのが自分の仕事」と次戦もチームを勝利に導くことを誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月26日のニュース