早実 継投踏ん張った 左投手3人で反撃封じた

[ 2013年3月26日 06:00 ]

<早実・龍谷大平安>早実・二山は6回を5安打2失点に抑える

第85回センバツ高校野球大会第4日2回戦 早実4―2龍谷大平安

(3月25日 甲子園)
 早実は3人の左投手による継投で、相手打線の反撃を封じた。

 昨年8月に腰を痛め、今年1月に投球練習を再開したエース二山は6回2失点。「久々の先発で少し緊張した。雰囲気に戸惑った」と話したが、粘りの投球が打線の逆転を呼び込んだ。7回に投げた立川、8回から登板した戸谷はいずれも無安打投球。3回戦で対戦する仙台育英打線はスタメンに左打者5人を並べるだけに、次戦も投手陣には期待が集まる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月26日のニュース