聖光学院爆発12安打8点 プロ注目4番園部は3安打

[ 2013年3月24日 06:00 ]

<聖光学院・益田翔陽>7回1死二塁、佐藤が適時三塁打を放つ

第85回センバツ高校野球大会第2日 聖光学院8-0益田翔陽

(3月23日 甲子園)
 聖光学院は12安打で8点を奪い、4季連続で初戦突破した。

 高校通算43本塁打をマークしているプロ注目の4番・園部は全て単打の3安打。昨夏に続く甲子園での一発はお預けとなったが、3得点し「チャンスメークができてよかった。甲子園はほかの球場よりも球が見やすくて打ちやすい」。園部の後ろを打つ佐藤は2本の適時三塁打で3打点の活躍。走者がたまった場面で打席に立つことが多いという5番打者は「これ以上ないというくらいの仕事ができた」と振り返った。

 ▼聖光学院・石井(3安打に抑え、105球で完封)腕を振ることを意識して粘り強く投げた。完封できてうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月24日のニュース