ロッテ 逃げ切り首位浮上!通算千投球回の成瀬が3勝目

[ 2012年5月11日 21:47 ]

ソフトバンク戦で通算千投球回を達成し、声援に応えるロッテ・成瀬

パ・リーグ ロッテ6-4ソフトバンク

(QVC)
 ロッテが逃げ切り首位に浮上した。2回までに4点を先行すると、4―3の7回には角中、今江の連続適時打で突き放した。6回3失点の成瀬が3勝目。

 成瀬は「直球が右打者の外に抜け、スライダーでカウントを稼ぐしかなかった。捕手の里崎さんも配球が大変だったろう」と、本来の投球からは遠かった。3回は2死からの3連打で2点を失い、6回には内川に「ストライクを取りにいった」というスライダーを左翼席に運ばれた。それでも、緩急を駆使。史上325人目の通算1000投球回も達成して試合をつくった。成瀬は「1000投球回数は一つの区切りで通過点ですが、入団時には何とか一軍で投げたいという思いだったので、1000イニングを投げれた事は光栄に思います」と語った。

 薮田は10セーブ目を挙げた。ソフトバンクは千賀が制球に苦しみ、拙守も響いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月11日のニュース