東洋大・高橋監督が通算500勝 「目標」太田氏へあと1

[ 2011年10月11日 17:11 ]

 東都大学野球リーグ第6週第1日は11日、神宮球場で1回戦2試合を行い、東洋大が亜大を5―1で破り、青学大は中大に5―1で先勝した。

 東洋大の高橋昭雄監督はリーグ史上2人目の通算500勝を達成した。最多は駒大の太田誠前監督の501勝。40年目のベテラン監督は「長いことやっていれば誰でもできる。でも、太田さんを目標にやってきたからね」とうれしそうだった。

 東洋大は藤岡が亜大の東浜に投げ勝ち、完投で今季4勝目をマーク。藤岡、東浜とも通算300奪三振に到達した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年10月11日のニュース