岡田監督「ネタ切れや」 ついに西武と1ゲーム差…

[ 2011年10月11日 06:00 ]

パ・リーグ ソフトバンク9―2オリックス

(10月10日 ヤフーD)
 オリックスはシーズン最終盤で痛恨の5連敗。4位西武に1ゲーム差に迫られ、岡田監督は「(いろいろ)言い続けてきたから、もう言うことはないよ。ネタ切れや」と脱力感を漂わせた。

 中4日で先発した寺原が今季最短の1回2/3で5失点KO。守備では1点リードの2回2死一、二塁で、本多の飛球に対してスライディングキャッチを試みながら捕球できなかったT―岡田のプレーに「(後は)執念じゃないか。捕球してたら終わってた」。8日の試合前には首脳陣、選手、球団関係者で全体ミーティングを実施。しかし結果は最悪の同一カード3連敗に終わってしまった。

 ▼オリックス・寺原(1回2/3を4安打5四死球5失点の乱調で10敗目)申し訳ないというしかありません…。

 ▼オリックス・T―岡田(2回に本多の左翼への浅い飛球を捕り損なって同点二塁打になり)普通に(すれば)捕れていたとは思います。

 ▼オリックス・駿太(7回1死でプロ初の長打となる二塁打)きょうは1打席、1打席切り替えて修正できていた。ホッとしています。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2011年10月11日のニュース