森野、球団8000号で同点も…岩瀬“やられた”

[ 2011年7月14日 06:00 ]

セ・リーグ 中日5―6ヤクルト

(7月13日 神宮)
 延長10回2死満塁。中日・岩瀬が相川に右前打を浴び、サヨナラ負け。3連敗で、首位ヤクルトには6ゲーム差と突き放された。「こういう流れだったので何とかしなければいけなかった。あと1つだったので…」と守護神は肩を落とした。

 敗色濃厚の9回、この日2本目となる森野の右越え7号2ランで追いついた。これが巨人、西武に次ぎ、史上3チーム目となる通算8000号となる記念弾だったが、森野は「結果につながらないと」と言葉少な。落合監督は「経験しなければいけないメンバーばかり。失敗して、成功して。それでいいんじゃないの」と、感情は押し隠した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2011年7月14日のニュース