岩瀬 プロ野球新の通算287セーブ達成

[ 2011年6月16日 21:50 ]

プロ野球新記録の通算287セーブを達成しガッツポーズする中日・岩瀬

交流戦 中日5―2ソフトバンク

(6月16日 ナゴヤD)
 中日の岩瀬仁紀投手は16日、ソフトバンク最終戦(ナゴヤドーム)で今季11セーブ目を挙げ、高津臣吾(元ヤクルト)を抜いて通算287セーブのプロ野球新記録をマークした。5―2の9回に登板し、三者凡退に抑えた。

 岩瀬はプロ13年目。1999年4月2日の広島戦に中継ぎで初登板し、同年6月23日の巨人戦で初セーブ。通算705試合目の登板でプロ野球記録を更新した。愛知・西尾東高から愛知大、社会人のNTT東海(当時)を経て1999年にドラフト2位で中日に入団。2005年にシーズン最多の46セーブを挙げ、昨年まで史上初の12年連続50試合登板、6年連続30セーブを記録。12日の楽天最終戦で通算286セーブのプロ野球記録に並んでいた。

 日米通算では、佐々木主浩(元横浜)が米大リーグ、マリナーズ時代の129セーブと合わせ、日本選手最多の381セーブを記録している。

 ▼中日・岩瀬仁紀投手の話 特別に意識せず、いつも通りに投げた。(286セーブ達成から)一発で決められてよかった。選手のみんなと、やはり親に感謝したい。次は300セーブを目指して頑張る。

 ◆岩瀬 仁紀(いわせ・ひとき)愛知・西尾東高から愛知大、社会人のNTT東海(当時)を経て99年にドラフト2位で中日に入団。1年目から中継ぎとして優勝に貢献。最優秀中継ぎ投手賞を3度獲得した。04年から抑えに転向し、翌年にプロ野球記録のシーズン46セーブを達成した。昨季まで史上初の6年連続30セーブ以上を記録し、05、06、09、10年に最多セーブに輝いた。181センチ、85キロ。左投げ左打ち。愛知県出身。36歳。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年6月16日のニュース