Rソックスオーナー 機構批判で罰金4100万円

[ 2011年3月4日 06:00 ]

 レッドソックスのジョン・ヘンリー・オーナーは、1日に出演した地元ラジオ局の番組で、09年11月に大リーグ機構を批判したとして50万ドル(約4100万円)の罰金を科せられていたことを明かした。

 処分の対象となったのは、地元紙ボストン・グローブ掲載の談話で「長く低迷しているチームに、多額の分配金が配分されるのはおかしい」などとする内容が批判と判断された。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2011年3月4日のニュース