武田勝、89球完投!ダル超え11勝目

[ 2010年8月23日 06:00 ]

<日・西>マスコット「B・B」のグッズを頭に乗せファンの祝福にこたえる武田勝

 【日本ハム4―1西武】日本ハムの左腕・武田勝が9回5安打1失点で今季3度目の無四球完投。89球の省エネ投球でダルビッシュの10勝を上回る自己最多11勝目を挙げた。

 これで7月8日ソフトバンク戦(東京ドーム)から自身6連勝で、その期間は44回1/3でわずか1四球。「(西武3連戦の)先に2つ勝って楽な気持ちでいけた。でも西武打線なので疲れはすごい。200球くらい投げた感じ」
 23日には1軍登録を抹消される。梨田監督は「登板機会がないからね」と言葉を濁したが、狙いはCS進出のための2位ソフトバンク叩き。再登録が可能となる9月2日の本拠地ソフトバンク戦に先発すれば、今季4勝無敗のお得意さま相手に残り3試合登板できる。「(左目のウイルス性結膜炎で)隔離されている宮西のため、自宅で静養している(高橋)信二の分まで頑張りました」。戦線離脱する仲間のためにも4位からの逆転を誓った。

 ≪無四球完投は今季3度目≫武田勝がわずか89球の無四死球完投勝利で自己最多の11勝目を挙げた。90球未満での9回完投勝利は、08年7月20日西武戦の渡辺俊(ロ=88球完封)以来。チームでは06年5月19日広島戦の八木(84球完封)以来となった。また、無四死球完投勝利は6月22日のソフトバンク戦(完封)に次ぎ今季3度目。日本ハムでシーズン3度の無四死球完投勝利は92年金石以来18年ぶりだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2010年8月23日のニュース