レンジャーズ球団社長にライアン氏

[ 2008年2月7日 09:58 ]

 米大リーグ、レンジャーズは6日、投手として活躍し、野球殿堂入りしているノーラン・ライアン氏が、球団社長に就任したと発表した。記者会見でライアン氏は「現役時代から球団運営に携わりたかった。これから学んでいきたい」と抱負を述べた。

 ライアン氏は61歳で、現役時代は剛速球を武器に27シーズンで通算324勝を挙げ、大リーグ史上最多の5714三振を奪った。無安打無得点を7度も達成。レンジャーズには現役最後の5年間在籍した。ライアン氏は昨年までアストロズの顧問を務めていた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2008年2月7日のニュース