PR:

日馬 1差変わらず、豪栄道戦連勝へ「一生懸命、頑張るだけ」

大相撲秋場所14日目   ○日馬富士―御嶽海● ( 2017年9月23日    両国国技館 )

御嶽海(左)を寄り切りで破る日馬富士
Photo By スポニチ

 日馬富士が自力優勝に望みをつないだ。四つになって御嶽海をつかまえると、タイミングを見計らい冷静に寄り切った。「落ち着いてさばきました」と胸を張った。

 豪栄道を1差で追う展開は変わらず、千秋楽に直接対決を制して優勝決定戦も勝てば昨年名古屋場所以来、9度目の賜杯となる。本割、決定戦に連勝して逆転した例は過去10場所あり、今年春場所では稀勢の里が照ノ富士を逆転している。大関との一騎打ちへ「気合が入ります。結果がどうあれ一生懸命、頑張るだけ」と力を込めた。

 場所中には横綱にとっての勝ち越しが10勝であると持論を口にした。今場所は金星4個を配給しながら、その数字をクリア。苦境を乗り越えた末に絶好機を迎え、「勝負事は予想できない。まだ、明日一番残っているので、しっかりと務めて終わりたい。務めるというのは土俵に上がることです」と口元を引き締めた。

[ 2017年9月24日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:01月20日17時〜18時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画