PR:

春高バレー 男子は駿台学園初優勝 女子は下北沢成徳連覇 東京アベックV

<下北沢成徳・就実>第3セット、スパイクを決める下北沢成徳・石川
Photo By 共同

 バレーボールの全日本高校選手権最終日は8日、東京体育館で決勝が行われ、東京対決となった男子は全国高校総体覇者の駿台学園が3―1で東亜学園を下し、初優勝を果たした。女子は下北沢成徳(東京)が就実(岡山)にストレート勝ちし、2連覇で4度目の頂点に立った。大会は2009年までの全国高校総体の記録を引き継ぐ。

 駿台学園は第1セットを落としたが、藤原や吉田の活躍でリズムをつかみ、3セットを連取した。下北沢成徳は第2セットで黒後、山口らが劣勢をはね返し、第3セットも押し切った。

[ 2017年1月8日 13:38 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:06月29日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画

      スペシャルコンテンツ