PR:

JX―ENEOS 4連覇王手!渡嘉敷ら3人が2桁得点

 バスケットボール全日本総合選手権第6日は7日、東京・国立代々木競技場で女子の準決勝が行われ、Wリーグ勢の対戦で4連覇が懸かるJX―ENEOSと、9大会ぶりの優勝を狙う富士通が8日の決勝に進んだ。

 JX―ENEOSは72―52でトヨタ自動車に快勝した。序盤から厳しい守備で圧倒、前半で39―16と主導権を握り、リオデジャネイロ五輪代表の渡嘉敷ら3人が2桁得点をマークした。富士通はシャンソン化粧品に64―57で競り勝った。1点リードで迎えた第4クオーターに長岡が勝負強い働きで得点を重ねて粘る相手を振り切った。

[ 2017年1月8日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:10月21日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      スポーツフィッシング

      コラム

      ランニング企画