PR:

池松壮亮「ここまできたか」運命感じた東陽一監督作品出演に感無量

大阪市内で舞台あいさつした池松壮亮(左)と東陽一監督

 俳優の池松壮亮(26)が2日、大阪市内で開かれた出演映画「だれかの木琴」(10日公開)の上映会で舞台あいさつした。

 19歳当時、映画学校の授業で東陽一監督(81)の「絵の中のぼくの村」を鑑賞。「衝撃を受け、その夜にもう1本、東監督の作品を見て、勝手に“この人と会わなきゃ”と思った」と運命を感じたことを明かした。

 2年前に念願の初対面を果たし、今作への出演も実現。「ここまできたか、という感じ」と感無量の表情で、「東監督の現場は早い!夕方に撮影が終わる」と振り返っていた。

[ 2016年9月3日 11:51 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(芸能)

      ※集計期間:10月20日20時〜21時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      芸能情報

      アニメ研究部

      ランキング

      コラム&情報

      アイドル