PR:

マー 3被弾…自己ワースト更新6連敗 宝刀スプリット打たれた

ア・リーグ   ヤンキース2―5アスレチックス ( 2017年6月17日    オークランド )

<アスレチックス・ヤンキース>4回、田中(左)の元にバッテリーが集まる(AP)
Photo By AP

 勝てない。ヤンキースの田中将大投手(28)が17日(日本時間18日)、アスレチックス戦で4回82球を投げ、8安打5失点で7敗目(5勝)。自己ワーストを更新する6連敗を喫し「打たれるべくして打たれている。いろいろなところでかみ合わない部分があった」と10三振を奪った一方で3被弾。21被本塁打はリーグ最悪タイだ。

 「投げている球は悪くない。得意なゾーンに投球ミスがいってしまっている」。数少ない失投を痛打されている部分にジレンマがある。決め球スプリットが、今季は渡米以来最悪の被打率.256。相手の対応力が上がっているのは明らかだ。ア軍は積極的に振ってきた分、三振も増えたが、2回のヒーリーの本塁打は甘く入ったスプリットを仕留められた。

 ジョー・ジラルディ監督は「厳しい状況だが(修正に)継続して取り組んでいく」と、次回は23日(同24日)のレンジャーズ戦でダルビッシュと投げ合う見込みだ。しかし、地元メディアは手厳しい。ニューヨーク・デーリーニューズは「最近、各チームに本塁打競争の順番が回ってくる」、ニュージャージー・ドットコムは「ローテーションで唯一の弱点」と報道。エースが苦境に立たされている。 (大林 幹雄)

[ 2017年6月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:08月20日09時〜10時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム