PR:

スカウト驚嘆 履正社 安田 140メートルゴジラ弾 星稜・山下名誉監督の家に直撃

練習試合   履正社9―6星稜 ( 2017年6月18日    星稜グラウンド )

星稜の山下名誉監督(左)と握手を交わす履正社・安田
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補の履正社・安田尚憲内野手(3年)が18日、星稜との練習試合で高校通算59号を放った。右翼場外へ消えた逆転の満塁弾は、星稜・山下智茂名誉監督の家を直撃。推定140メートルの“ゴジラ弾”で視察した9球団のスカウトを驚嘆させた。

 白球はまるで運命に導かれるように憧れの人と同じ軌道を描いた。2点を追う3回無死満塁の好機。外角高め直球を仕留めた安田の打球は弾丸ライナーで右翼後方へ消えた。「ドスン」―。鈍い音を立てながら民家2階の壁を直撃した推定140メートルの特大弾。家の主は豪快に笑い飛ばしながら目を丸くした。

 「(自分の)家を直撃するなんて松井以来じゃないかな。(家に居た)女房もビックリしてたよ。“ドーン”と音がしたってね」

 松井秀喜氏を育てた星稜の山下智茂名誉監督も思わずうなった。松井ネットと呼ばれる高さ約20メートルの防球ネットを軽々と飛び越えた“ゴジラ弾”。松井氏の高校通算60本塁打に王手をかける会心の一発に、安田は「強い打球を打つことができた。自分の中でも一番のホームラン。飛距離も一番飛んだと思います」と胸を張った。

 帽子のツバに『不動心』と記すほど幼少期から強い憧れを抱いてきたのが松井氏だった。その書籍は何度も読み返してきたバイブルだ。普段は自宅トイレにも置いており、常に読み返せるようにしている。「松井秀喜さんのようになりたいとずっと思ってきました。一度は来てみたいと思っていた場所でした」。憧れの人が高校時代に鍛錬を積んだ場所とあって、自然と気持ちは引き締まった。

 U―18W杯(9月、カナダ)に挑む高校日本代表の第1次候補選手30名から漏れた。早実・清宮と実力を二分する西の大砲は「悔しさをバネにしたい」と前を向いた。朝4時出発で大阪から駆けつけた母・多香子さんは「発奮材料にしてほしい」と話し、今夏の都市対抗出場を決めた三菱重工名古屋で主将を務める兄・亮太さんからは「常に準備しておけ」と激励も受けた。高校ジャパン入りは決して諦めてはいない。

 山下名誉監督から星稜の関連書籍や松井氏のサイン色紙も手渡された背番号5。伝説のグラウンドで安田は松井氏のようなたくましさも身につけた。(吉仲 博幸)

 ○…阪神、巨人、広島、オリックスなど9球団12人のスカウトが集結した。履正社・安田の特大満塁弾に楽天の仁村徹スカウト部副部長は「やはり長打が打てるのが最大の魅力。期待してしまいますよね」と評価。ヤクルトの阿部健太スカウトも「完璧な当たり。飛距離は早実の清宮君に匹敵するものがありますね」と話した。

[ 2017年6月19日 08:35 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月15日12時〜13時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム