PR:

東洋大・古田「夢を見ているよう」初先発でドラフト候補左腕から3ラン

東都大学野球第3週第1日   東洋大13―3亜大 ( 2017年4月18日    神宮 )

<東洋大・亜大>3回1死一、二塁、東洋大・古田が左越えに先制3ランを放つ
Photo By スポニチ

1回戦2試合が行われ、東洋大は「2番・左翼」で1部初先発となった古田塁外野手(4年)が今秋ドラフト1位候補の亜大・高橋遥人投手(4年)から先制3ランを放つなど、3安打3打点の活躍。チームも高橋遥を8安打12点と攻略し、13―3で先勝した。第1試合は日大が延長13回の末に国学院大を7―6で下した。

 伏兵・古田の一発が最速151キロ左腕攻略の号砲となった。0―0の3回1死一、二塁から141キロ直球を叩くと左翼席へ一直線。「神宮で打つ本塁打は格別。夢を見ているよう」と笑った。

 大学での先発出場は2部だった1年春の開幕戦だけ。1部では昨秋に代打で1打席(無安打)立っただけで、開幕週の中大戦はベンチ外だった。初回にリーグ戦初安打となる中前打を放つと「気が楽になった」と3回の第2打席で大仕事。高橋昭雄監督も「あの3ランが効いた」と喜んだ。

 「74歳の方が210キロの球を打ち返す番組を見た」という高橋監督は、最速151キロの高橋遥との対戦を前に「20歳前後のおまえたちもああやって打ってみろ」と気合を入れた。古田は5回にも左二塁打を放ち、三塁打を打てばサイクル安打の活躍。「本塁打の球はもらいました」とうれしそうに話していた。

[ 2017年4月19日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ