PR:

【追球】捕手・嶋が意識付け 浅村封じの“布石”最初の内角3球

パ・リーグ   楽天2―0西武 ( 2017年4月18日    大宮公園 )

<西・楽>4回1死一塁、浅村を左飛に打ち取る辛島と嶋(左)のバッテリー
Photo By スポニチ

 計算と強気が生んだ最初の3球が最後まで布石として生きた。初回2死で打席には西武・浅村がいた。楽天捕手の嶋は左腕・辛島に3球連続で内角直球を要求し、全て見逃しで1ボール2ストライクと追い込んだ。最後は外角低めのカーブで空振り三振。内角を意識させた上での好リードだった。

 浅村は試合前時点でリーグ2位の打率・434。この強打者に内角直球を続けるには勇気が必要だが、その分、打者の脳裏に深く焼き付けた。左翼からの風で「右打者に内角をレフトへ引っ張られても本塁打はない」という計算も背中を押した。

 5―10で敗れた12日には、投手陣が浅村に5安打を許した。「前回5本も打たれ、あれだけやられた。攻め方も変えていかないといけない」と嶋。2打席目は意識させた内角からさらに食い込むカットボールで左飛。9回は高めのつり球で空振り三振を奪うなど、4打数無安打に封じた。「今日は生きたかもしれない。この先も考え続けていかないといけない」。残り23試合の対戦もにらみ、この3球をより意味のある布石に発展させていく。 (後藤 茂樹)

 ▼楽天・梨田監督 嶋がいい配球をしてくれたので、凄く締ま(嶋)ったゲームになった。

[ 2017年4月19日 10:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ