PR:

荻野貴、右膝痛で抹消も「去年の痛みとは全然違う」

 ロッテの荻野貴司内野手(25)が17日、右膝痛のため出場選手登録を外れた。13日の楽天戦(QVCマリン)で違和感を訴え、その後の2試合を欠場していた。

 現在はアイシングなどの治療を続けており、赤坂フィジカルコーチは「骨ではなく膝の周りの筋肉を痛めている。経過は悪くない」と説明した。

 荻野貴は昨年5月に右膝半月板を手術し、今季は外野から遊撃に転向。ここまで23試合に出場し、打率・264、14盗塁をマークしていた。荻野貴は「去年の痛みとは全然違う。少し休めば大丈夫だと思う」と話し、早期復帰を目指す。

[ 2011年5月18日 06:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:06月24日07時〜08時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ