×

スピードスケート高木美帆 ナショナルチームを離れることを表明「ヨハンと一緒に続けたい」

[ 2022年6月16日 17:04 ]

日本勢最多となる冬季五輪同一大会のメダル4個を獲得した高木美帆
Photo By スポニチ

 北京五輪で冬季五輪の日本勢一大会最多となる4個のメダルを獲得したスピードスケート女子の高木美帆(28=日体大職)が16日、都内で会見を開き、今季から所属の枠を超えて強化するナショナルチーム(NT)を離れて活動することを表明した。昨季限りでNTのコーチを退任したヨハン・デビット氏(42)のもとで練習する。練習拠点を固定せず、日本とオランダを行き来する生活を送る方針だ。

 NTで約8年活動してきたが「今年はナショナルチームではなく、個別でヨハンと活動していくことを決めました。最後に出てくる気持ちがヨハンと一緒にまだ続けたいという気持ちだった。ヨハンはスケート以外でもたくさんの気付きを与えてくれる」と決断。「ナショナルと他のチームが競い合いながら日本のスケート界が活性化する未来があったらいいなと考えています」と語った。

 北京五輪では1000メートルで金、500、1500メートル、団体追い抜きで銀を獲得。26年ミラノ・コルティナダンペッツォ五輪については「ミラノより私がスケートを続けたい気持ちを大事にしたい。1年1年を積み上げていくことが大事で、その先にミラノがあるかどうかになってくる」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年6月16日のニュース