×

照ノ富士 トップに並んだ、阿武咲を一蹴 優勝争いは意識せず「残りも集中」

[ 2022年1月19日 05:30 ]

大相撲初場所10日目 ( 2022年1月18日    両国国技館 )

寄り切りで阿武咲(右)を下す照ノ富士(撮影・久冨木 修)       
Photo By スポニチ

 照ノ富士が過去3勝4敗と負け越していた阿武咲を一蹴し、優勝争いトップに並んだ。低い前傾で立ち合い、すぐに左で前まわしをつかむと、右で抱えて相手の動きを封じた。最後は右を差して寄り切り「良かったと思います」と満足げ。

 出番前に全勝だった御嶽海が敗れた。「自分の相撲に集中しているだけなので。(優勝争いの展開など)そういうことは全く意識していない。残りも集中して頑張ります」と淡々と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月19日のニュース