新生日本代表が五輪の雪辱誓う 新体操世界選手権27日開幕

[ 2021年10月13日 05:30 ]

 27日開幕の新体操・世界選手権(福岡・西日本総合展示場新館)を見据え、日本代表が12日、オンラインで取材に応じた。団体の「フェアリージャパン」はメダルを狙った東京五輪で8位に終わり、悔し涙を流した。五輪からメンバーが2人代わって新チームで自国開催の大舞台に臨む。五輪でも主将を務めた杉本早裕吏(さゆり、25=トヨタ自動車)は、「五輪が終わってからここまで、少しでも立ち上がって前に進む姿勢を見せたい。結果は後からついてくる。まずは自分たちのベストを出せるようにしたい」と意気込んでいた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月13日のニュース