ボストン欠場の川内優輝「悔しい」練習中の転倒で左膝靱帯負傷「現在も歩行に支障」

[ 2021年10月8日 12:04 ]

川内優輝
Photo By スポニチ

 11日のボストン・マラソンを欠場するプロランナーの川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)が8日、自身のツイッターを更新し、無念の思いをつづった。

 「現在の状態では完走できる見込みがないため出場を断念しました。招待選手として、これまで大会事務局と半年以上も打ち合わせを重ねてきて、このような事態になってしまい、情けなく、申し訳なく思います」と欠場を報告。

 北アルプスでの練習中に転倒して左膝の靱帯を痛め、「10日間練習を休み、治療に専念しましたが、いまだに腫れと痛みがあります。現在も歩行に支障があり、走る以前の状態のため断念しました。蓄積型の怪我を回避してきただけに、突発型の怪我で全て壊れてしまい、悔しいです」とした。 

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月8日のニュース