×

17歳・藤波朱理が高校生世界女王「楽しんで戦えた」 レスリング世界選手権

[ 2021年10月7日 12:17 ]

レスリング世界選手権第5日 ( 2021年10月6日    ノルウェー・オスロ )

53キロ級で優勝した17歳の藤波朱理(日本レスリング協会提供)
Photo By 提供写真

 女子の53キロ級は17歳の藤波朱理(三重・いなべ総合学園高)が決勝でテクニカルフォール勝ちし、金メダルを獲得した。高校生での優勝は17年の須崎優衣(早大)以来。50キロ級の吉元玲美那(21=至学館大)も金メダルを獲得。65キロ級の森川美和(22=日体大)は決勝で敗れ銀メダルだった。

 決勝でモルドバ選手を2分15秒で下した藤波は、マットで誇らしげに日の丸をはためかせた。初出場ながら初戦から4試合全てテクニカルフォール、無失点の完全優勝。レジェンドの吉田沙保里らが過去に頂点に立ってきた階級で、「この階級に出場する者として絶対に勝たないといけないという責任は感じていましたけど、凄く楽しんで戦えました」と最後まで平常心で戦い抜いた。

 いなべ総合学園高で監督を務める父・俊一さんの指導のもと、天性のセンスを磨いてきた。兄・勇飛は17年世界選手権フリー70キロ級の銅メダリスト。よく電話をするという兄からは大会前に世界選手権の話を聞き、「いろいろなエピソードにワクワクしました」と開幕を心待ちにしていた。優勝後のインタビューでは英語で周囲への感謝の思いを語り、「お父さん、お母さん、お兄ちゃんは一番そばで応援してくれましたし、いつも練習してくれている、いなべのみんなにも金メダルを取れたよって伝えたい」とはにかんだ。

 02年大会の伊調馨、17年大会の須崎らが打ち立てた高校生女王の金字塔に名を連ね、「17歳で若いと言われるけど、今までレスリングやってきた思いだったり考えてきた時間は劣っていない。自信を持って戦えたことが一番の要因」と胸を張った。パリ五輪に向けては東京で金メダルを獲得した向田真優(ジェイテクト)がライバルとなる。3年後へ最高のスタートを切ったホープは「向田選手は自分が小さい時から強い選手だけど、パリは絶対に自分がいくという強い気持ちを持って、戦う時が来たら絶対に勝ちたい」と力強く宣言した。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年10月7日のニュース