大迫傑氏 現役引退は「1、2年くらい前に決めました」 朝原氏「もったいないと思ったが…」

[ 2021年9月24日 05:30 ]

トークイベントに出演した大迫氏(左)と朝原氏
Photo By スポニチ

 東京五輪男子マラソンで6位に入り現役を引退した大迫傑氏(30)と、08年北京五輪男子400メートルリレー銀メダルの朝原宣治氏(49)が23日、阪神甲子園球場で行われたトークイベントで対談。五輪をテーマにエピソードを紹介した。

 大迫氏は現役引退について「ざっくりというと1、2年くらい前に決めました」と明かし「五輪が終わって2カ月。まだマラソン後のオフのような感じ」と話した。

 朝原氏は「引退はもったいないと思ったが(大迫氏は)これ以上できないというところまでやってきた。お疲れさまでした」とねぎらっていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年9月24日のニュース