マラソン男子五輪代表・中村がびわ湖毎日欠場、左くるぶし付近に痛み

[ 2021年2月20日 05:30 ]

中村匠吾
Photo By スポニチ

 びわ湖毎日マラソン(28日・大津市皇子山陸上競技場発着)の大会事務局は19日、東京五輪男子マラソン代表の中村匠吾(富士通)が「左腓骨(ひこつ)筋腱しょう炎」で欠場すると発表した。左くるぶし付近に軽い痛みがあったという。来週にはジョギングを再開できる見込みだが、強度の高い練習ができておらず、大事を取った。五輪切符を手にした19年9月のマラソングランドチャンピオンシップ以来のフルマラソンの予定だった。

 中村は所属先を通じ「重大な故障につながるリスクを避けるため、よく考えた結果、欠場することにした」とコメントした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年2月20日のニュース